読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体をうねりながら進む

ヘビやウナギなどの手足をもたない動物はふつう体全体をうねらしながら進みます。この動きによりヘビは地面を這い、ウナギは水の中を泳ぎます。

 

この動きはアンジュラトリー運動とも呼び多くは手足をもたない動物が行いますがトカゲやワニなどの手足のある爬虫類がこの運動を水中で行う事があります。

 

うねり運動は体全体を縦や横方向に動かし周りの環境との間に力が生まれて、それを利用して前へと進んでいきます。

 

水中を移動する生物の中にはうねり運動によりとても速いスピードを得るものもいます。