読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっさの時の二足歩行

ふだんは四足歩行している動物が驚いた時や敵から逃げるときなどに短い時間だけ二足歩行する場合があります。これらの動物は二足歩行できるにも関わらず通常は四足歩行で移動しています。

 

ゴキブリはゆっくり歩いているときは6本足で移動しています。しかし逃げるときなど速く移動しなければならないとき二本足で走ります。いくつかのトカゲもふだんは四足歩行していますが二本足で走ることがあります。

 

ゴリラやキツネザルなどの霊長類の仲間もふだんは前脚を地面に付けて移動しますが敵を威嚇する時などに短い距離を二足歩行します。

 

四足歩行する動物が速く走る場合に二足歩行する傾向があります。