読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物が空を飛ぶとき

地球で生きている動物には空を移動するものがいます。鳥や昆虫、哺乳類ではコウモリ、魚類ではトビウオが空を飛び移動することがあります。

 

動物が地球上で空を飛ぶ場合に問題になるのは重力です。地球が生み出す重力に打ち勝つ事ができなければ空に飛びあがる事はできません。

 

空の飛び上がるために動物はさまざまな進化をとげてきました。体重を軽くしたり、空気抵抗をできるだけ少なくするために長細い体にしたり、また空に飛び立つための力を生み出す筋肉などを獲得してきました。

 

動物でまず空を飛んだのは昆虫でそのあとに爬虫類が空を飛んだと考えられています。鳥や哺乳類が空を飛ぶのはそのあとだったと考えられます。

 

動物の進化の研究から空を飛ぶという行動はさまざまな時代において動物たちは独自に獲得してきたと考えられています。