読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はばたきながら空を飛ぶ

鳥や昆虫などが空を飛ぶ場合はおもに翼や羽をはばたかせながら移動します。鳥が滑空しながら飛ぶときには翼をほとんど動かしませんがはばたき飛行をするときは翼を上下に動かして飛ぶ力を得ています。

                 

はばたき飛行はおもに体重が軽い鳥などが行います。鳥が翼を広げながら前に進むことで翼の下側と上側に圧力の差が生まれて、それにより上向きの力があらわれます。翼を動かすことで前に進む力が生まれ翼を空気にあずけることで空を飛びます。

 

翼をはばたかせることと風に対する翼の角度を変えることで動物たちはスピードを変えることができます。