読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水中で生きる動物の呼吸

動物が水のなかで呼吸することは陸の上とはいろいろな違いがあります。水のなかは陸上と比べて酸素が少ないためにより効率的に酸素を取り入れる必要があります。

 

多くのさかなはエラを使って周りの水のなかから酸素を取り出すことができます。しかしハイギョという魚は子供のときには他の魚と同じようにエラ呼吸をしますが、成長すると肺が発達して肺呼吸をするようになります。

 

キノボリウオという魚はラビリンス器官と呼ばれる複雑なつくりを持つ呼吸器官を使って陸の上でも空気中から酸素を得ることができます。