読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食物連鎖の王者たち

地球の上で生きている動物たちは他の生き物を食べたり、反対に食べられたりする関係をもっています。このような関係は食物連鎖とも呼ばれお互いの生物の生息数や行動に影響を与えています。

 

食物連鎖のつながりのなかでほとんどの動物は他の動物から狙われる危険があります。しかし動物のなかで他の動物からほとんど食べられる心配のない動物たちがいます。

 

頂点捕食者またはエイペックスプレデターと呼ぶこれらの動物としてはライオンやワニ、ハイエナ、鳥の仲間だとワシやフクロウ、海の動物だとホオジロザメやシャチなどが頂点捕食者だと考えられます。

 

ふつう食物連鎖の上位にいる生き物は下位にいる生き物より生息数が少ない傾向があります。