読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉は少なめな動物たち

肉を食べる動物はその食事全体に占める肉の割合から3つに分類されることがあります。食事全体に占める肉の割合が7割以上のものをハイパーカーボニア、6割から4割くらいのものをメソカーボニア、そして3割以下のものをハイポカーボニアと呼びます。

               

ハイポカーボニアの動物の食事はおもに植物の実や葉っぱ、キノコなどでそれ以外にわずかに動物の肉を食べます。

 

ハイポカーボニアとされる動物は北米大陸に生息するブラックベアや東南アジアに生息するビントロングなどです。

 

ヒトも食事の構成によってはハイポカーボニアに含まれることがあります。