読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこでも生きていける

動物のなかには自分の生きている環境にあるさまざまなものを食べている動物がいます。そのような動物は異なる環境でも食べ物を見つけることができるのでジェネラリスト種と呼びます。

 

ジェネラリスト種の動物は環境のなかにあるさまざまなものを栄養源にできるので、ある特定の食べ物が減ってしまってもそれ以外のものから栄養をとることができます。

 

アライグマは代表的なジェネラリスト種の動物で小さな哺乳類や昆虫、植物まで食べます。都会に住むアライグマは人間の出したゴミなどからも栄養をとっています。

 

ジェネラリスト種の動物は特定の食べ物しか食べない種よりも環境の変化に対応しやすいと考えられています。