読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の中を飛行する動物

大空を鳥たちが翼を使って飛び回るように海の中に生きる動物たちも翼を使い飛び回っています。水中翼またはハイドロフォイルと呼ばれるヒレを使って魚やウミガメは進む力を生み出します。

 

ペンギンやカメは水平のヒレを上下に動かしながら海の中を飛ぶように泳ぎます。水中翼を使う動物たちはヒレの角度を変えながら進みます。水をとらえるヒレの表面積を変えることで水の抵抗を抑えることができます。

 

サメなどの魚類は尾ビレが垂直でイルカやクジラなどの哺乳類は尾ビレが水平になっています。サメは体を横方向にイルカは体を縦方向に動かして移動します。

 

海の中を泳ぐときには大きな抵抗が働くので動物たちはヒレなどを使い強い力を生み出すことが必要になります。