超肉食な動物

他の動物の肉を食べて生きている動物たちのなかで7割以上の食べ物が肉食であるものをハイパーカーボニアと呼びます。

 

ライオンやフクロウ、ヘビやワシなどがハイパーカーボニアに当たる動物です。海のなかで生きる動物ではイルカやサメ、タコなどが含まれます。

 

化石の記録からはある時代のハイパーカーボニアが進化するときは、その前の時代に支配的な地位をもっていたハイパーカーボニアの数が減っていることが知られています。

 

広告を非表示にする