読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べ物と動物のかたち

動物がどんなものを好んで食べているかということはその動物の進化に大きな影響を与えることがあります。動物の体のかたちはその動物が食べているものに合わせて変化してきたと考えられます。

 

ちいさなプランクトンなどを食べるのに適したクジラの歯や他の動物の肉を食べるライオンの歯なども食べものに合わして歯のかたちが変化してきた結果です。

 

鳥のくちばしや獲物を狩る動物の爪などにも食べ物に合わしたかたちが見られます。草食動物は植物の葉っぱをすりつぶすのに適した歯や消化しやすいつくりをもつ胃や腸を獲得してきました。