滑空する動物

動物が空を飛ぶ方法は自分の翼をはばたかせる方法とゆっくりと横方向に落ちること、つまり滑空する方法があります。滑空はグライディングとも呼びます。

 

翼を動かして飛ぶ動物は翼を動かす筋肉が発達していてはばたき続けることで前に進む力を得ます。しかし滑空する動物ははばたきなどはしないで腕を大きく広げて空気をとらえて滑るように飛びます。

 

ムササビやモモンガ、ヒヨケザルなどは飛膜という空気をつかまえるための膜が前足と後足の間にあり、それをつかい木と木の間を移動します。

 

滑空ははばたきよりも体重が重い動物が行う傾向があります。

広告を非表示にする